• マーチング祭【公式 twitter】
  • マーチング祭【公式Youtube】
  • ブラックTwitterのアイコン
お問合せ:マーチング祭組織委員会 info@marching-matsuri.com  /  Copyright @ marching.matsuri  /

 

★PC環境での観覧推奨★

マーチングセミナー祭 2019

【明日から役立つ!使える!を参加者みんなで学ぶ祭】

 前祭(セミナー)でたっぷりと学び!

 本祭(懇親会)でたっぷりと語らう!

 そんなセミナー祭を通して、マーチングを愛好する仲間と

 智慧・技術・創造性・人の和を豊かにしていきます。

*多数のご参加ありがとうございました*
《参加者アンケートより抜粋》
夏井さんの話が聞けてよかった。
二人で一致した話があるので、大事な事はかわらないと思った。
とても分かりやすく、納得ばかりでした。明確な根拠を示して頂いたので、これをきっかけに自信を持っていけるように、もっと具体的に自ら考えていきたいです。
何年か前にもセミナーに参加いたしましたが、かなり忘れてしまっていました。
脳科学について、あらためて指導者として必要だなと感じました。時折、諸見さんの説明が難易度の高い箇所がいくつかありました。もっと頑張らなければいけないと考えました。
「生徒に自分の生き様が現れる」というフレーズにグッときました。
夏井先生、諸見先生、それぞれ別セクションからの視点の違いと共通点が面白かったです。
本日は有意義なセミナーをありがとうございました。
知りたかった情報を知ることができましたし、具体的な例もあって分かりやすかったです。
練習の進め方について必要な事を理解することができた。
現在のチームに活かしていきたいと思います。
自分に今、何が足りていないのかが明確に分かった。
今回、2回目の参加ですが新しい発見が沢山ありました。
また一年かけて、成長して戻ってきたいと思います。
何度もみているが、瞬発力の引き出し方がうまい。
普段では学んだり、なかなか気付けなかったところに気付くことができた。
ある意味心理学のような面白みを感じることができた。
技術指導と教育は全く違うことに気付けた。
両方ができて真の指導者だと言うことが分かった。
話し方一つで伝え方が変わるということが分かりました。
受講する度に、今まで学んできたことの復習や、これがこういうことだったのかという確認ができてよかった。
すばらしい内容でした。
​マーチングの素晴らしさ、奥深さをしっかりと子供達に伝えるためにも、もっと勉強しなければtお改めて思いました。ありがとうございました。

 様々な要素が組み合わさり

​一つのショウができあがる「マーチング」

  • どのようにショウを創ったらよいのか?

  • どのように練習をすればよいのか?

  • どのような練習方法があるのか?

 

 こういった疑問に対する答えを見つけていただく為のマーチングに特化したセミナーです。

 日本で活躍する実践家やクリエーターを講師に迎え、

「明日から役立つ!使える!」

をテーマに技術や情報、方法、工夫などを

惜しみなくご提供させて頂きます。

 

1:マーチング公開練習セミナー祭 @ 岐阜

2019年6月22日(土)10:00 〜 15:00

*お昼休憩があります。

場 所:ぎふ清流文化プラザ

​モデルバンド:各務野さくらマーチングバンド

​講 師:諸見 賢

【講座内容】★全講座に解説が入ります。LIVEで学べます★

第1講座「親和性を高める準備運動」

練習に向けて体をほぐし、筋力アップを図りながらメンバー同士が仲良くなる準備運動があります。

どのようなものか、百聞は一見にしかず。

初めて対面する子ども達相手に、講師がどのようにアプローチしていくかも必見です。

指導が「技術」であることが分かると思います。

第2講座「ビジュアルベーシック」

歩き方や揃え方、ビジュアルアンサンブル能力の高め方など

講師が実際にどのように指導するのかを、目前でみることができます。

どのように声をかけ

どのように説明し

どのように力を引き出していくのか

​講師の解説と共に、具体的に学ぶ講座です。

第3講座「サウンドトレーニング」

音は目にみえません。

音をどのように整えて、そのバンドの音を創っていくのか。

「みえない音」を扱う感覚をどのように高めていくのか、

どのような方法で行っていくのか。

講師が実際に音づくりを行っていく過程をみることができます。

解説があるからこそ、初めて分かる指導法の深部。

LIVEでないと伝わらない講座です。

第4講座「合奏」

小学生に指導するからこそ「分かりやすい」指導法が求められます。

小学生に対してどのような指導を行うのか。

どのように合奏を進めていくのか。

何にポイントをおくのか。

​何を基準に判断し、指導していくのか。

小学生への指導だからこそ、指導技術の大切さが分かる講座です。

第5講座「Q&A」

参加者の皆様からのQ(質問)に、その場でA(回答)して頂きます。

​普段疑問に思っていること、悩んでいることをその場で質問できるのがこの講座の醍醐味です。

2:マーチング指導者セミナー祭 @ 名古屋

2019年6月23日(日)11:00 〜 15:00

*お昼休憩はございません。

懇親会:16:00 〜 

場 所:名古屋国際センター 会議場

​講 師:夏井 洋平(Yohei Natsui)

中学・高校と関東学院マーチングバンド部に所属し、マーチングパーカッションを経験。

卒業後、2003年に渡米しDCI「Pioneer Drum & Bugle Corps」に所属。

帰国後、2004 - 2005年と横浜インスパイヤーズに所属した後、2006年にマーチングパーカッションを主な表現手段とした日本初のドラムパフォーマンスグループ「鼓和-core-」を立ち上げる。

2011年からはプログループとして活動を開始し、近年では各地のコンサートやイベント、企業のセレモニー出演の他、「米津玄師」「和楽器バンド」「葉加瀬太郎」などのメジャーアーティストのコンサートへの出演や演出協力も行っている。

また、2010年よりマーチングパーカッションの指導者、作編曲家としての活動も本格的にスタートし、現在では多くの団体のデザイン・指導に携わり全国大会出場に導いている。

PearlDrumsマーチングアーティスト、VicFirthインターナショナルアーティスト。

《主な担当団体》

横浜市立潮田中学校「Yokohama Pacific Winds」(2013-)

関東学院マーチングバンド (2015-)

静岡県立富士東高等学校 (2009-)

立正大学淞南高校「SHONAN SAINTS」(2012-)

名古屋女子中・高マーチングバンド(2016-)  など

    諸見 賢(Satoshi Moromi)

1996年高等学校卒業と同時に渡米

1996・1997年Phantom Regiment

1998・1999年The Blue Devils にそれぞれ所属

1997・1998年の2回にわたり、DCI I&Eコンテストでソロ・チューバ部門の1位

2004年尚美学園大学 芸術情報学部 音楽表現学科卒業 同大学卒業演奏会出演

これまでに、名古屋女子中・高マーチングバンド、THE YOKOHAMA SCOUTS、SENDAI Verdures、Anba in'Blue Birds!、Life guardⅡ、など、ショウ制作や指導を通して多数の団体に関わり、編成別優秀賞受賞やバンド育成に貢献。

Tubaを上江洲安彦、安元弘行、荻野晋各氏に、室内楽を後藤文夫、和声法を斎藤弘美に師事

一般社団法人日本マーチングバンド協会公認指導員

DCJ(Drum Corps Japan)公認ジャッジ

 

【講座内容】

第1講座「指導の原則」

優れた指導者は「優れた技術」を活用しています。

優れた技術は原則が貫かれています。

実際の指導場面でおこる事例を上げながら、指導の原則をご紹介する講座です。

第2講座「練習の進め方1(パーカッション編)

第3講座「練習の進め方2(全体編編)」

リハーサルをどのように進めていけば良いのか?

何を判断基準にすればよいのか?

どのように考えてリハーサルを行えば良いのか?など、

第4講座「ショウづくりのヒント5①」

第5講座「ショウづくりのヒント5②」

「ショウづくり」の方法は数多にあります。

実際に創られた作品を元に、プロセスや工夫など、具体的にご紹介いたします。

その過程を示す中でショウづくりのヒントを示していく講座です。

第6講座「Q&A」

参加者の皆様からのQ(質問)に、その場でA(回答)して頂きます。

​普段疑問に思っていること、悩んでいることをその場で質問できるのがこの講座の醍醐味です。